手話で伝えるチンパンジーの悲しみと共感

037

037
ンパンジーのワショーは1966年、
赤ちゃんの時に保護されました。

ワショーは、アメリカ手話を教えられた
最初のチンパンジーでした。

ワショーは当時、妊娠していたボランティアの研究者、
カットさんと仲良くなりました。

手話で赤ちゃんについて、質問するのが好きなワショー。

しかし、ある日を境いにカットさんが
ワショーのもとを訪れなくなります。

数週間後、再びワショーの前に姿を現わしたカットさんが、
ワショーに手話で挨拶をしました。

すると、ワショーはカットさんが
いなくなってしまったことに怒っていたのか、
カットさんに距離を置くようになりました。

そこでカットさんは、ワショーに謝り、
自分がいなくなった理由をワショーに説明しました。

「あのね、私の赤ちゃんが死んでしまったの」

カットさんをじっと見つめていたワショーは、
カットさんの説明に対し、驚くべき返事をしたのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

ショーがカットさんに見せた手話のサイン。

それは、涙が落ちているかのように、
彼女の頬に触れるサインでした。

そのサインは「泣く」という意味だったのです。

実はこのとき、ワショーには悲しい経験がありました。

ワショーもカットさんと同じく妊娠し、
そして出産後、2匹の赤ちゃんを失っていたのでした。

これはチンパンジーが、共感する能力を
持っていることを証明する歴史的瞬間でした。

その後、2007年に42歳で亡くなるまで、
周囲に愛されながら暮らしたワショー。

チンパンジーにも、人と同じような
豊かな感情があることを教えてくれました。

スポンサーリンク