君には生まれる前の記憶、ありますか?

40227

40227
2,3歳くらいの子どもには、母親の胎内にいたころの記憶がある。

そんなドキュメンタリーをテレビで見たことがある。

そこでわたしは、3歳になる息子の翔に聞いてみた。

「ねぇ翔、お母さんのお腹にいたときのこと覚えてる?」

すると、翔は驚いたことに「覚えてるよ」と言ったのだ。

「どんな感じだった?」

「暗くて怖かった。苦しかった。みんなの『出ておいでー』って声が聞こえた」

それはまぎれもなく翔が生まれるときの記憶に違いなかった。

翔はひどい難産だったのだ。

「遠くの方に光ってるのが見えたの」

「うんうん、それで?」

「光ってる方から声が聞こえたから、そっちに行きたかったけど、
 苦しくて、翔クンね、行けなかったの。
 そしたら、●●●●●が助けてくれたの」

「●●●●●?」

誰かがわたしの胎内で苦しんでいた翔を助けてくれたのだ。

その名を聞いて、わたしは愕然となり、涙があふれて止まらなくなった。

翔を助けてくれた人・・・>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

40227_1

ってる方から声が聞こえたから、
 そっちに行きたかったけど、苦しくて、翔クンね、行けなかったの。
 そしたら、お姉ちゃんが助けてくれたの」

「お姉ちゃん?」

「ウン、翔クンのお姉ちゃんだって言ってたよ」

「・・・そのお姉ちゃんが助けてくれたの?」

「ウン、『一緒に行こう』って翔クンが言ったら『アタシは行けない』って。
『アタシの代わりにママのところに行ってあげて』って」

わたしは翔を身ごもる2年前にも一度妊娠したことがあった。

だけどそのときは流産してしまった。

悲しくて苦しくて、自分を責めたりもした。

今でも夜寝る前には、その子のことを思い出して涙したりもする。

あんなにも自分以外の人を愛しいと思ったのは、生まれて初めてだった。

可愛くて可愛くて、大好きだったのに、この腕に抱くことが叶わなかったあの子。

翔の話を聞いて、とめどなく頬を伝う涙。

「ママ、どうしたの?どっか痛い?」

「ううん。痛くないよ。大丈夫」

痛いんじゃなくて、うれしいんだよ。ありがとうね、翔。

不思議そうにわたしの頬に触れる翔を、わたしはそっと抱きしめる。

やさしいあの子がこの世に送り出してくれた、この二人分の大切な命を。

参考本:人間っていいな! 涙がこぼれるいい話
「感動物語」編集部編(コスモトゥーワン)

スポンサーリンク