ビートたけしがじっと見つめてたその視線の先には・・・

b347

b347
けしさんはいつも収録が終わるとすぐに着替えて帰るそうです。

だけど、この日は少し様子が違いました。

たけしさんが楽屋に帰る途中の廊下にジッと立っています。

それを見つけたお弟子さん、

「殿、何してるんですか?早く帰りましょうよ。」

そうたけしさんに促すと「待て!」とお弟子さんを制止しました。

たけしさんの視線の先には、何か気になるものがあったようです。

たけしさんの目の色をうかがうと、
何だか厳しさと優しさが混在してるように見えました。

たけしさんの歩みを止めたもの、それは何だったのでしょう>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

594

の廊下の先には、よく見るとまだ名前も売れてないような若手コンビが
一生懸命ネタ合わせをしていたそうです。

たけしさんはこう言いました。

「俺が通ると練習を中断して挨拶しなきゃなんない。
 あのネタが終わるまで待て。」

そこにたけしさんが見たものは、かつての自分だったのかもしれません。

スポンサーリンク