【急性白血病からの復活】アルビレックス新潟 早川史哉選手の戦線復帰

dsfasdfaf

アルビレックス新潟のDF早川史哉選手は、
筑波大から2016年に加入しましたが、
そのルーキーイヤーに急性白血病を発症しました。

同年11月に骨髄移植手術を実施し、
2017年から寛解に向けた治療に専念するため、
クラブとの選手契約を一時凍結していました。

そして、先日10月5日のことです。

J2第35節・鹿児島戦でスタメンとして、
1287日ぶりに公式戦のピッチに立ちました。

その時の早川選手のファンへの挨拶と、
観客の拍手歓声の様子をご覧ください。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク