【映画『ONODA 一万夜を越えて』予告編】

74回カンヌ国際映画祭2021 「ある視点部門」オープニング作品、
実在の人物・小野田寛郎(おのだひろお)の約30年間の潜伏を描いた
人間ドラマ映画『ONODA 一万夜を越えて』は
2021年10月8日より全国公開。

1974年3月、終戦後約30年の時を経て帰還し
「最後の日本兵」と呼ばれ、社会現象になった
旧陸軍少尉・小野田寛郎(おのだ ひろお)の
潜伏期間の史実を元に着想、映画化。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓ (画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク