【“働く”の100年史|100YEARS of WORK in JAPAN】 ~サラリーマンが誕生して約100年~

うですね。

サラリーマンが誕生して、思えば
たった100年ほどの歴史しかなかったのでした。

おっちゃんらが企業戦士と呼ばれた時代は、
日本は終身雇用、年功序列が
誰も疑わぬ常識であり続けました。

次第にそれらが制度疲労を起こし、
働き方の常識も変わってきました。

ただ、様子が変わり、これからも変わり続けるけど、
仕事とは、誰かに喜んでもらい、お役に立つため、
というコンセプトは変化しない、
そんな気がするんですが。どうでしょうか。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓ (画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク