【1000人を看取った緩和ケア医】45歳の死  がんに侵されながらも「自分らしさ」貫いた最期の日々

神戸市灘区にある関本クリニックは、
がん患者の在宅ホスピスケアに取り組み、
24時間体制で医師の訪問診療、看護師の訪問看護などを行っている。

関本剛さんはその院長を務め、約1000人の看取りに携わってきた。

だが、自らもがんに襲われ、今年4月に息を引き取った。

45歳の若さだった。

病が判明してから2年半、体の限界まで緩和ケア医として勤務し、
患者とその家族に寄り添い続けた。

8月14日、高校時代の同級生が企画したお別れ会には、
人柄をしのんで国内外から約250人が集った。

つづきは動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

スポンサーリンク