「あき缶号」車いす100台の奇蹟

c062

c062
阪府松原市に、脳性マヒで車いす生活を余儀なくされている女性がいました。

名前は、福井千佳子さんといいます。

生まれてすぐに脳性マヒと診断された彼女は、
懸命なリハビリも功を奏さず、学校に通うことすらできませんでした。

さらに両親が離婚したり、同じ境遇の知人が急死したりして、
苦しい毎日を送ることに。

次第に彼女は心を閉ざすようになりました。

その様子を見かねた彼女の母親が、
市役所から電動式の車いすを借りてきます。

これで外の世界に触れ、少しでも自立をしてほしいという願いからでした。

車いすに乗って外に出かけた福井さんが見つけたものは、
家から40分くらいのところにある特別養護老人ホーム「新生苑」でした。

このホームへリハビリに通うことになった彼女は、
親切にしてくれたホームの人たちに
何か恩返しをしたいと考えるようになります。

「新生苑」の人たちの親切が身に染みていた福井さん。
助けてもらうだけの自分でいいのだろうか。
それなりに何か役にたつことがないだろうか。

日々、そのことを考え続けました。

しかし、福井さんにできることは限られています。
行動範囲も狭く、体も不自由だし、お金もありません。

あるとき、テレビのニュースで偶然見かけたのが、
空き缶を回収してリサイクルしている会社の存在でした。

「これだ!」
と福井さんはひらめきました。

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

して40歳も間近に迫ったころ、
福井さんは釣竿を改良した棒を使って、
車いすに乗ったままアルミの空き缶を拾うという、
自立への第一歩を踏み出しました。

平成2年のことでした。

周囲からの好奇の目に晒されました。
また心無い人たちから中傷を受けることもありました。

もういやだ、…いったん動き始めた福井さんですが、
あきらめかけようとしていました。

そんなとき、弱気になる彼女を、その都度叱咤してくれたのは、
じっとそばについている母親でした。

母親も一緒に朝の5時からごみ収集場所を回り続けます。

そのうち彼女の活動に賛同した酒店が、
アルミ缶をまとめて出してくれるようになりました。

また周囲の人たちも、彼女の一途な気持ちを理解して、
空き缶を貯めておいてくれるようになりました。

活動をはじめてから半年が経ち、
約36,000個のアルミ缶を業者に引き取ってもらい、
そのお金であの老人ホーム「新生苑」に
車いすを1台寄付することができたのです。

目に涙をためて「ありがとう」を言ってくれるスタッフの方々。
入所の高齢者の方々からも「ありがとう」の声をたくさん受けました。

でも、誰よりも嬉しかったのは、
福井さん本人でした。
「ああ、私でも誰かに”ありがとう”を言ってもらえるのだ」

福井さんの気持ちに火が付きました。

その後も彼女の活動は続けられ、
5年後には、100台を超える車いすが、
全国の福祉施設に寄付されました。

スポンサーリンク