地震のとき役立った安否確認の掲示板

c086
昨夜、宮城、福島に震度6強の地震が起こりました。
現在、避難されてる皆様方、コロナ禍における被災には大きな不安が伴うことでしょう。
どうぞ身の回りの安全にご留意くださいませ。

これは阪神大震災のときのあるお話です。

神大震災で携帯電話も使えない状況の中、
被災者と家族や友人を結んだのが、
避難所にある掲示板でした。

そして、自分の所在を伝える張り紙の中で、
特に目立っていたのが、赤い枠で縁どられたもの。

これにはA3判とはがき大があり、
上部に「私はここに居ます」「We are here」と印刷されていて、
西宮や芦屋、神戸の市役所や避難所に置かれていました。

しかし、これは国や市が手配したものではなく、
いつの間にか市役所の玄関などに置かれていたのです。

誰が届けたのかわからず、
海外レスキューが手配したのではという噂もありました。

そして震災から13年後の2008年、
この張り紙の贈り主が判明しました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

これは大手広告代理店、
博報堂の関西支社が届けたものだったのです。

震災直後、当時の支店長代理とプロモーション局長が、
会社が社員の安否確認に追われている中、
会社として社会に何が出来るかということを、
二人で考えていました。

そして、小さなメモ用紙やノートの切れ端に書かれた伝言を見て、
もっと人に見てもらえる伝言用紙を作ろうと思いついたのです。

この広告マンならではのアイデアは、
すぐに実行されました。

約60万枚の用紙はトラックに積まれ、
被災した地域の市役所や避難所に置かれていきます。

それは、震災からわずか5日後のことでした。

用紙を手配したのが誰なのか分からなかった理由。

それは、彼らがこの出来事を会社の宣伝に
利用したくないと思っていたからだそうです。

スポンサーリンク