石破茂氏の父・二郎氏と田中角栄氏の約束

c101
破茂氏は、今、期待される次の総理大臣として
アンケート1位にいる自民党の実力者です。

その父、石破二郎氏は官僚出身の政治家でした。

石破二郎氏は、官僚時代の接触で田中角栄氏と親しい仲になりました。

その石破二郎氏と田中角栄氏のお話しです。(以下、敬称略)

1958年、石破は地元の鳥取県知事選に出馬して当選。

このとき角栄は、石破の娘たちとともに、
ラジオにかじりついて当落を「聞き届けた」という逸話が残っています。

石破は知事を4期つとめたところで、
当時総理大臣だった田中角栄に請われ、
1974年の参院選に出馬、当選します。

1980年に再選を果たし、自治大臣、国家公務委員長に就任したものの、
ガンが発覚。

石破は信頼する角栄に辞表を預けたうえで、手術に臨みました。

翌年、容態がいよいよ悪化した石破は家族に伝えました。

「田中が見舞いに来てくれた夢を見た。
 嬉しかった……」

息子の茂は目白に電話を入れました。

父の「最後の願い」を思い切って頼んでみることにしたのです。

かつて、茂はロッキード事件で逮捕された角栄を批判していました。

しかし、父の二郎は茂に言いました。

「田中に会ったこともないのに、本当のことが分かるのか。
 田中はもらってない、というのだからもらってないんだ。
 いいか、おまえに言っておく。
 人を信じるというのは、そういうことだ」

角栄への電話は、父と角栄の間には
深い信頼関係があると信じての「賭け」でした。

軽井沢にいた角栄に電話がつながりました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

うか、最後に父に会っていただけないでしょうか」

角栄は迷いなく答えました。

「分かった。必ず行きます」

1週間後、角栄が石破の入院する鳥取の病院に現れました。

「あんたに会えて、もう思い残すことはない。
 ただひとつだけ頼みごとがある。
 俺が死んだら葬儀委員長をやってくれ」

角栄は語りかけました。

「何を言ってる。必ず元気になる。
 ……分かった。約束する」

角栄は、当時の鳥取県知事に電話しました。

「残念ながら、石破君の容態が良くない。
 葬儀になれば彼の業績からして県民葬になるだろう。
 その場合は、私が委員長になることはできないので、
 君に頼みたい」

2週間後、石破二郎は73年の生涯を閉じました。

県民葬には田中派の議員全員が訪れ、冥福を祈りました。

数日後、石破茂が目白の私邸にお礼にやってきました。

角栄が尋ねました。

「県民葬には何人来た?」
「3500人です」

「よし、青山葬儀場でやる。
 3500人より多く集める。
 これは彼との約束だからな」

角栄は葬儀委員長として、本当に3500人以上の弔問客を集め、
その「約束」を果たしました。

その後、政界を志した石破茂は、田中派の事務局に勤務し、
「雑巾がけ」をこなした後、1986年の衆院選に出馬。
初当選を飾っています。

参考本:田中角栄「心を打つ話」 別冊宝島(宝島社)

スポンサーリンク