おばあちゃんからの最高の贈り物

c109

c109
所の棚に、まだ使っていない新しいまな板がありました。

「この新しいまな板はいつから使うの?」と私が母に聞くと、
「そのまな板はまだ使うことはできないのよ」
とお母さんに言われました。

「どうして?」と私が聞くと
お母さんは困ったような表情をしていました。

新しいまな板をどうして使うことができないのだろうと、
私は不思議に思いました。

お母さんは、
「新しいまな板は事情があって、
 今はまだ使うことができないのよ」
と使えない理由を話してくれました。

そのまな板は、夏の終りにお母さんが
おばあちゃんからいただいたものだそうです。

おばあちゃんは、悪性リンパ腫というガンで大学病院に入院し、
治療を終わって退院し、家で静養していますが、
いつ再発するかわからないのだそうです。

もし、万一今度入院したら家には戻れないかもしれないので、
そうなる前に おばあちゃんがお母さんへ贈り物をしてくれたのです。

その贈り物がまな板です。  

どうして、贈り物がまな板なのか不思議に思いました。

でも、あとで理由がわかりました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

 
ばあちゃんが、まな板をお母さんに渡す時にこう言ったそうです。

「もし、私が死んだら、あとに残った人達はいそがしいから
 そのうち、私のことなど思い出すこともなくなるでしょう。
 でも、台所でまな板をトントンたたくたびに、
 きっと私のことを思い出してくれるでしょう」  

お母さんは、その言葉を聞いて泣いてしまい、
そのあと何も言えなくなったそうです。

おばあちゃんは、自分がガンであるということを知っていながら、
ひとつも不満を言わず、いつも「今が一番幸せだよ」と言っています。

おばあちゃん
「人間お金を残すとけんかの種を残すから私は何も残さない」
と言っています。

「ガンが再発し、痛みが激しくなったら、
 医者に痛いと正直に言えばいい。
 医者はちゃんと痛みを止めてくれるからね。
 だから、私は何も心配なんかしてない」とガンを恐れていません。

人間は、人生の最後に自分の家族に
何を残せばいいのだろうかとふと考えました。

お金を残したり、財産を残したり、人それぞれだと思います。

マザー・テレサは、死んだあとに二枚のサリーという質素な服と
それを洗うバケツ、そして布袋などわずかな物だけを残しました。

 
マザー・テレサは、生きているうちにすべての物を
貧しい人々にささげたのです。

私のおばあちゃんが、生きているうちにあとに残そうとしている物は、
まな板というささやかな物です。

でも、私達家族にとっては「最高の贈り物」であると思いました。

’98年ベスト・エッセイ集「最高の贈り物」文春文庫から

スポンサーリンク