とりあえず今日だけでも生きてみよう

b170

b170
んごの木の枝に1匹のいも虫が住んでいました。

ある嵐の晩、枝が折れいもむしは、
りんごに掴まったまま、木の下の川に落ちてしまいました。

「ぼくは、いずれ食べ物が無くなるか、干からびて
 死んでしまうんだろうな」

そう思うと、いもむしはとても悲しくなりました。

「でも、あと1日だけ、とりあえず今日だけ生きてみよう」

そう思ったいもむしは、足元のりんごをかじり始めました。

…りんごの船が転覆しないように気をつけて。

とうとうりんごも皮一枚を残すのみとなりました。

これ以上かじったら穴が開いて沈んでしまうでしょう。

「これで、ぼくのできることはもう何もないな」

そうつぶやいて、いもむしはじっと横になりました。

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

細いりんごの船は、いもむしを乗せて、
もう沈むばかりに揺れていました。

流れの先には、大きな石が見え、
そのずっと先には、滝が見えます。

いもむしは、川の底か、
または滝の下に沈むのが目に浮かびました。

石にもぶつからず、リンゴの船は前に進みます。

流れが早くなり、もはやりんごの船は滝に向かって、
まっしぐらに突き進みます。

ああ、りんごの船は虚しく滝の轟音とともに、
姿すら見えなくなってしまいました。

滝ツボに飲まれたりんごの船でした。

しかし、何ということでしょう。
よく見ると、水際から何か動くものが見えます。

そこから滝つぼに落ちる刹那に羽化した
1匹の美しい蝶が飛び立ったのです。

スポンサーリンク