普通のおじさんであり、普通の経営者ではなかった幸之助

b368

b368

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい。
「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。

れは、経営の神様と呼ばれる松下電器産業の創業者、松下幸之助の言葉。

そして、彼には「ありがとう」にまつわるこんなエピソードがあります。

新幹線に乗っていたある夫婦が、すぐ近くの席に松下幸之助が座っていることに気がつきます。

夫は彼の大ファンで、どうしても挨拶がしたいと思い、声をかけようとします。

しかし、理由もなく話しかけても、相手にしてくれるかどうかわからない。

そこで妻が、みかんを差し入れて、きっかけを作ればいいのでは、と提案。

夫は早速みかんを購入し、彼に差し出すことにしました。

幸之助は、この申し出を快く受け入れ、嬉しそうに
「これはありがとうございます」と言って、その場で皮をむいて食べ始めます。

夫はみかんを渡せたし、あの松下幸之助と話すこともでき、大満足で自分の席に戻りました。

そしてもうすぐ京都に着くという時です。

夫婦の驚くことが起きました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

うすぐ京都に着くという時です。

松下幸之助は、夫婦の座席にやってきて
「先ほどはありがとうございました。とてもおいしかったです」
と頭を下げたのです。

天下の松下幸之助が、下車する前にわざわざ挨拶をしにきてくれたと、夫婦は感動します。

しかし、話はまだ終わりませんでした。

京都駅で降りた幸之助は、その夫婦の座席が見える窓のところまで来て、
深々と頭を下げ、夫婦の姿が見えなくなるまで見送ってくれたのです。

夫は幸之助の行為に涙しました。

そして、家に帰るとすぐに電気屋さんに連絡。

自宅の家電製品すべてをナショナル製品(現・パナソニック製品)に変えたそうです。

スポンサーリンク