車内で騒ぐ子供、この子のお母さんはどなたですか?

b375

b375
さい男の子を連れた
30代くらいの母親が電車に乗ってきました。

母親はスマホを夢中でやっており、
子供が電車内で騒いだり、暴れても注意すらしません。

この時点で、乗り合わせていた乗客はイライラしていました。

さらに子供が、
座席に靴のまま飛び乗ってジャンプするエスカレートぶりにも、
母親はスマホをいじったまま、

「うるさい!」

と、軽く言うだけ。

誰が最初にキレるか、という緊張状態の中、
近くに座っていた女子高生が立ち上がりました。

そして、

その親子に近づくと、ニコニコした笑顔で、
子供の方に声をかけました。

「ねえ、僕。
 ここは僕のおうちじゃなくて
 皆の場所だから静かにしようね」
と注意しました。

母親が、
「ちょっとあなた何?」

ようやくスマホをやめて、
女子高生に食ってかかるも、女子高生はスルー。

「靴のまま椅子に乗ってるけど、
 これじゃ椅子が汚れちゃうよね?
 汚れた椅子に座ったら、お洋服も汚れちゃうよ。
 僕もお洋服汚れたら、嫌じゃない?」

子供「・・・やだ」

「そうだよね、嫌だよね!
 そしたらどうしたら良いか、分かるかな?」

笑顔のまま優しい言葉で諭す女子高生に、
男の子はおとなしく座席から下りました。

「そう、良く分かりましたー!
 僕は何歳かな?」

「ごさい!」

「そっか5歳か!
 じゃあもうお兄ちゃんだよね。
 僕はもうお兄ちゃんなんだから、
 カッコよくしてないと。
 赤ちゃんみたいに、バタバタしていたら、
 カッコ悪いよ。カッコ悪くていいの?」

「やだ!かっこいい方が良い」

「そうだね。カッコいい方がいいよね。
 そしたら、次からは皆がいる場所では、
 静かにしていようね。
 僕はできるかな?」

「出来る!」

「よし、じゃあ約束!」

という感じで、女子高生は、
あれよあれよと男の子を静かにさせてしまったのです。

本当にみごとな子供の扱いに感心していたら、
彼女のすごい所は、これからだったのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

ざやかに子供を説き伏せた女子高生、
次は母親に向き直りました。

「失礼ですが、あなたはこの子の母親ですよね?
 母親なら自分の子供に最低限のしつけくらいしたらどうですか?」

「はぁ?何あんた!
 ガキが口出すんじゃないわよ!」

顔を真っ赤にして、
母親が喚きました。

「そのガキに、非常識を指摘されてるあなたは、
 少なくともガキ以下ですよね!」

母親は、自分が少子化に貢献してるとか、
意味不明な言い訳を色々まくしたてますが、
片っ端から女子高生に鼻であしらわれる始末。

「何が少子化対策ですよ。
 無計画にポンポン産むだけなら、
 うちのペットだって出来ること。
 産んだ子供をきちんとしつけ、一般常識を身につけさせ、
 一人前の人間に育て上げるのが親の仕事でしょうよ。
 ガキが子供を産んじゃいけないわ」

言葉にする人こそいなかったけど、
車内の空気は完全に女子高生に同調。

言い返せなくて、いたたまれなくなったのか、
母親は男の子を連れて、次の駅で逃げるように降りていきました。

母親が叱りつけられていたのに、
男の子は降りる時に女子高生に手を振っており、
女子高生も笑顔で手を振っていたのが印象的でした。

母親に対する言葉遣いは、多少手荒かったかもしれないけど、
男の子を優しく諭す笑顔と、母親に対する表情と、
それに、親子が降りた後に連れの男子高校生と会話する照れた表情、
それらのギャップがとても微笑ましい女子高生でした。

2ちゃんねる、感動する掲示板より

スポンサーリンク