ほんのひと言でこんな違いがあります

820

820
る時、タクシーの乗務員さんに質問をしました。

「お客さんから言われて一番嬉しい言葉は?」

異なった会社の三人の運転手さんに聞いたのですが、
答えがほとんど同じなのに驚きました。

深夜、お客さんを自宅まで送ります。

送る際、ほとんどの人は「ありがとう」と言ってくれます。

この言葉だけでも、ほんとは十分なのです。

ですが、もっと嬉しいのは、そのあとに続くひと言なんです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

りがとう」よりもっと嬉しい、そのあとのひと言とは、
「気をつけて帰って・・・」という言葉です。

なぜか、これを聞くと心からうれしくなるそうです。

疲れがいっぺんに抜けるとも言いました。

三人が三人とも同じことを言うので、
「ありがとう」と「気をつけて・・・」の違いを考えてみました。

「ありがとう」は相手の行為が先にあって、そのお礼。

受け身の言葉ともいえます。

それに対して「気をつけて・・・」は、
一瞬でも相手の身を思いやって出てくるひと言です。

深夜、道路も空いています。

お客さんも乗せていません。

ついスピードを出しがちになります。

「油断をしてはダメだよ」

そんな思いがこもって出てくる言葉。

だからこそ相手の心に響くのではないでしょうか。

職場でも、ひと言の違いで人が死んだり生きたりしますね。

参考本:ひと言のちがい  発行所:PHP研究所  著者:金平敬之助

スポンサーリンク