馬上の裸婦、町中をゆうゆう巡回する

765

764
日は、バレンタインデーですね。

義理でも本命でも、何かとお気遣いのことでしょう。

チョコレートといえばベルギーが反射的に思い浮かびます

ベルギーで、名門のチョコレートメーカーに
「ゴディバ(Godiva)」という会社があります。

この会社のシンボルマークは、馬にまたがった裸婦の絵ですが、
この女性(ゴディバさん)はイギリスで語り継がれる伝説の女性なのです。

そんな伝説の女性のエピソードなど、
デートの会話にはさんだりしたら、少しおシャレな感じだと思いますが。

11世紀のイギリス、ある領地に住む領民は、領主の圧政に苦しんでいました。

この領主の妻であったゴディバは、領民たちのことを思い、
何度も夫を諌め、心を入れ替えてほしいと願います。

しかし、彼は妻の意見を聞き入れません。

それどころか、度重なる妻の忠告に嫌気が差してきます。

そこで彼は、彼女に無理難題を突きつけました。

「裸で馬に乗り、町を巡回することができれば、お前の意見をいれよう」

彼は、これなら妻も黙るだろうと考えました。

彼女もどうすればよいのかと悩みます。

悩んだ結果の彼女の行動がこれだったのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

765
んだ彼女は行動を起こしました。

領民を救えるのならと、

「当日は外出せず、窓を閉めてください」

という布告をして、本当に裸で馬に乗って町中を練り歩いたのです。

領民たちもゴディバの自己犠牲の心に打たれ、
彼女の言うとおり戸や窓を閉め切り、家の中に引きこもりました。

そのため、彼女の裸体を見た者はいなかったのです。

実はただ1人、仕立屋のトムという男が、
こっそりと彼女の裸を見てしまい、神罰を受けて失明してしまいます。

英語でのぞき魔をあらわす『ピーピング・トム』はこれが由来です。

なお、夫の領主はゴディバとの約束を守り、圧政を改めたと言われています。

参考本:ちょっといい話 アルファポリス文庫 著者:佐藤光浩

スポンサーリンク