火急のときでも冷静な会社員の行動

b067

b067
ょうど10年前、当時の私は、田んぼに雪が降り積もっている
とある田舎町に住んでいました。

あたりは見渡す限りの山に囲まれていて、
高層ビルなんかも見当たるわけがありません。

私はいつも始発の電車で仕事場に向かっていました。

それは、センター試験の当日の出来事でした。

その日もいつものように、始発の電車に乗っていたところ、
急に電車が停車しました。

何でも吹雪の影響で電車がこれ以上進むには、危険だとのこと。

そのアナウンスを聞いて、
乗っていた一人の女子高生が、
誰の目にも明らかなほど動揺していました。

携帯電話でどこかにかけていましたが、
切るとすぐに青ざめた表情になりました。

30代くらいの会社員らしき男性が、

「どうしたの?」

と声をかけると、

「センター試験に間に合わなくなっちゃったんです」

女子高生は、目に涙をためながら答えました。

電車は動く気配もないし、
こんな朝っぱらから通っている車もありません。

会場のある隣町では、
この電車で今動き出したとしても、
ギリギリ着くかどうか、というところでした。

私はもう手の打ちようはない、と思っていました。

その会社員は無言で携帯電話を取り出して、
どこかに電話をかけました。

話し終わったら、女子高生にこう告げました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

、家内に事情を話したら、今すぐ来てくれるそうだ。
 5分もあれば迎えが来て、会場まですっ飛ばしてくれるだろう」

女子高生は、顔をくしゃくしゃにして泣きながら、
会社員にお礼を言いました。

会社員は、運転手さん、車掌さんに事情を話して
女子高生の下車を許可してもらいました。

数分後、その奥様の車が迎えに来て、
女子高生は、会場へと乗せてもらうことが出来ました。

女子高生は、何度も何度も頭を下げて、
会社員にお礼を述べていました。

会社員は、

「さあ、急ぎなさい。気持を落ち着けて、
 車の中では復習でもしておきなさい」

と女子高生を送り出しました。

毎年、この時期が近づくと、
このことを思い出します。

それにしても、あの時の会社員の方ほどの
「紳士」にはなかなかお目にかかれません。

私の中の「紳士」とは、
どんな火急のときでも、
少しも騒がず冷静に、
他人のために優しく振舞える人。

しかも、そんなことで少しも偉ぶらない人のことです。

スポンサーリンク