マタニティマークを察してくれる人たち

b855

b855
ま妊娠初期でつわり中、食事がほとんどとれません。

会社の近所の小料理屋のランチに雑炊があって、
妊娠前から食欲ないときは、よくそこで食べていました。

先週もダメ元で行ってみましたが、
味は良いのにほんのちょっとしか食べられなくて。

お会計の時おかみさんに、
せっかく美味しいのに残しちゃってごめんなさい、と謝ったら、
おなかすいたらまた食べなさい、駄目なら捨てていいから、
と残りをレンジ可タッパーに詰めてくれました。

おかみさんの娘さんが、
ぬか漬けのきゅうりを別のタッパーに入れて渡してくれました。

鞄に付けてたマタニティマークで察してくれてたみたい。

午後の休憩時間に、あたたかいお茶を飲みながら
ぬか漬けをポリポリしたら、吐き気が少し収まりました。

ほんとうに、涙が出るほどありがたかった。

私は結婚前に母親(と父親)を亡くしていることもあり、
おかみさんの温かい言葉は本当に沁みました。

誰に頼れるわけでもない初めての妊娠生活で、
よその方からのいたわりはただただありがたく、
ことに中高年の方からの励ましは、
いい大人になっても父母恋しさが尽きない自分に響きます。

いつか私も、見ず知らずの誰かの気持ちを
ほんの少しでも軽くできるような人になれたら…と願うばかりです。

マタニティマークについてのさまざまなご見解はあるかと思います。

正直なところ、傷つくような言葉に出くわすこともあります>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

の先輩が、かつて妊娠初期に駅のホームで意識を失い、
救急車で運ばれたことがありました。

その際、外見から妊婦であることが分からなかったばかりに
母子ともに危険な状態になったという前例があります。

マークをつけているが故に、
今回のように、人のご親切に
甘えさせていただく機会が増えているのは確かです。

しかし、少数とはいえ、実際に面と向かって
心無い言葉を浴びせかけてくる方もいらっしゃいます。

仕方のないことですけれど、
席を譲れと強要するつもりで身に付けているわけではないことは
ご理解いただきたいなぁ…と思うんです。

あと、遠くからさりげなく気を使ってくださってる方々、
ちゃんと見えてます。

たぶんあなた方が思ってる以上に、へろへろ妊婦は感謝してます。

ありがとうございます。

スポンサーリンク