背中で若手をリードするベテランの象

c133

c133
る動物園で3頭の象が飼育されていました。

あるとき、そのうちの若い1頭が
水が入っていないプールに落ちてしまいます。

飼育員は象を救助するため、
作業の邪魔になる他の2頭を象舎に戻そうとしました。

しかし2頭の象たちはまったくその場を離れようとしません。

それどころか、落ちた象に鼻を絡めて、
引っ張り上げようとし始めます。

しかし、何度試みても、
うまくはいきませんでした。

そうしているうちに、年長の象までが
プールに落ちてしまいました。

最悪の事態です。

プールから救助すべき象が
2頭になってしまったのですから…>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

だ、年長の象の方は、
それほど慌てた様子ではありません。

経験豊富な年長の象は、足を上手に使って、
あっさりとプールから出ることができました。

するとどうでしょう。

それを見ていた若い象が、年長の象の真似をして、
何とかプールから這い上がることができたのです。

実は年長の象も若い頃に
プールに落ちたことがありました。

その時に得た経験を若い象に伝えようと、
年長の象はわざとプールに落ちたのです。

心優しく、また知能指数も高いと
言われる象らしいエピソードです。

3頭の象たちは鳴き声をあげ、
鼻を絡ませて無事を喜び合ったということです。

スポンサーリンク