自然妊娠が不可能であっても・・・

c156

c156
婚して10年になる主婦です。

子供が授からず婦人科を受診したら、卵巣の腫れが見つかり、
不妊治療も兼ねて腫れを除去する手術をしました。

手術は予想外に大きなものになりました。

卵巣の腫れだけでなく、卵管が幼い頃の手術の影響により、
他の臓器と癒着して機能しておらず、
切除することになったのです。

そして術後、医師から
「自然妊娠は完全に不可能です」と聞かされ、
もう私は”どん底”に突き落とされた気がしました。

10年もの間、子に恵まれない私たち夫婦に
皮肉を言うでもなく、急かすでもなく、
いつも自然体で接してくれた義父母には、
ただ申し訳なさでいっぱいの気持ちになりました。

そして、子の誕生を義父母以上に望んでいた夫は、
これまでひと言も、それを私にもらすことすらなかったのです。

”どん底”の中、夫にも義父母にも、
身の縮む思いの私の心境でした。

しかし、そんな私を救ってくれたのも、
夫や義父母の言葉だったのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

なたが無事でよかった」

夫と義父母のほぼ異口同音の言葉でした。

さらに医師からは、
「体外受精という手段があります」と説明されて、
自分たちに必要な道筋がより明確になったと感じました。

実は、現在の先行き不安な世の中で、
「本当に子供がほしいか、子供を幸せにできるか」
と内心、ずっと迷いがあったのは正直なところです。

そんな迷いを、夫と義父母の言葉が、
すっきり取り払ってくれたように思いました。

この温かい人たちに
小さな命との出会いを果たして差し上げたい。

「子供がうちに来てほしい。
 この人たちに会わせたい」

そんな意志を強く固めることができたのです。

これから不妊治療が実を結ぶとは限りませんが、
”どん底”の中で勇気をくれた「私の家族」には、
感謝の思いがつきません。

スポンサーリンク