大丈夫と言ったら大丈夫なの!

b280

b280
スの中に、10歳ちょっとくらいの少年と、
30代くらいの美人なお姉さんがいた。

最初は、お母さんと息子かと思ったけど、
どうも違う様子だった。

子供が椅子の背もたれをにらみながら、
ボタボタ涙をこぼしている。

その背中をトントンたたきながら、
女性は少年に話しかけていた。

「大丈夫、大丈夫、お母さんは大丈夫」
って言い続けている。

あんまり低い声で真剣な顔で言ってて、
事情がありそうだったので、バスの中はシーンとしていた。

乗客の皆さん、聞くとはなしに、耳をそばだてている感じだった。

少年「俺、どうなんの?」

女性「お母さんは大丈夫」

少年「ダメかも、もうダメかも。
   だって皆、ダメって言ってたし…」

女性「大丈夫」

少年「お母さん死ぬ?俺一人になる?」

女性「どうしようもなくなったら、
   おばちゃんがお前ひとりくらい育て上げてやる。
   だから、お母さんは大丈夫ってだけ考えときなさい」

少年「俺がいたら、よけい嫁に行けなくなるよ」

僕を含め、乗客はだいたいの様子がつかめた。

そこまでの空気は重かったが、次に発する女性の言葉で、
少年の気持が軽くなったようだ。

その場の空気も軽くなった>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

少年「俺がいたら、よけい嫁に行けなくなるよ」

女性「うっさい!いてもいなくても行けてないんだから、
   いたって一緒です。
   言ったでしょ。お母さんは大丈夫ってだけ考えときなさいって。
   さぁ、…お母さんは?」

少年「……」

女性「お母さんは?」

少年「大丈夫…」

女性「うん」

二人がバスを降りるとき、総合病院だった。

運転手さんが言った。

「お母さんは大丈夫」

それを期に乗客からも声が上がった。

「大丈夫、大丈夫!」「絶対大丈夫!」

僕も言ったし。

お母さんがどうしたのか分からないけど、
大丈夫であってほしいと思った。

スポンサーリンク