お父さんへの誕生日、サプライズカラオケ

a519

a519
20年以上前にテレビで流された実話です。

パパ、ママ、小学生3人の3姉妹の仲良し5人家族がいました。

ある日ママが交通事故で亡くなります。

慣れない家事にお父さんも奮闘。

タマゴ焼きを焦がしたり、洗濯物をシワだらけにしたり・・・。

家事では色んな失敗をしながらも、
お父さんは笑顔で幼い3姉妹を育てます。

そんなお父さんのささやかな楽しみはお風呂に入りながら唄うこと。

いつもそれとなくつぶやいていました。

「カラオケボックスで思い切り唄いたいな~」

お父さんの誕生日の数日前、3姉妹は3人で集めた貯金箱を持ちよりました。

そして、通学路の途中にあるカラオケボックスに向かいました。

「予約できますか?」

受付にいた若い女性店員は怪訝な顔で店長を呼びます。

この店長さん、実はいつも通学途中の3姉妹を見守っていました。

店長さんは3姉妹に聞きました。

「お母さんは?」

「死んじゃった!お父さんしかいないの・・・」

長女が続けて言いました。

「お父さんの誕生日会をカラオケでしてあげたいんです」

現在と違い、当時のカラオケボックスは高かったのです。

3人が持参したお金では到底足りません。

全てを悟った店長は、

「解りました、協力しますよ」

誕生日会当日、早くから個室を貸してくれたので、
3姉妹揃って飾り付けをしました。

時間が来たのでお父さんを呼びに行く3人。

幼い3姉妹とお父さんの誕生日パーティが始まります。

お父さんも唄ってビールを飲んで。

3姉妹もアニメの曲を歌ったり、踊ったり、楽しい時間を過ごします。

パーティが終わり帰り際、お父さんはフロントに精算に行きました。

お父さんも、娘たち3人の持参した金額で不足なのは、

もちろん知っていたのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

ロントに清算に向かったお父さん。

そこで店長さんがお父さんに言いました。

「会計は終わっています。娘さんからいただきました」

父さん「いえ、代金が足りないのは分かっています。不足分を払わせてください」

店長「いいえ!お父さん、充分いただきました。

  お金以上のものを私たちも娘さんからいただいたのです

  こちらこそ、本当にありがとうございます」

楽しそうに帰る家族を見送った後、店長と従業員はみんな涙を流しました。

お父さん、3姉妹、店長と従業員、みんな幸せな時間を過ごしたんですね。

スポンサーリンク