超有名サーファーが、ある世界大会で名誉ある失格に

b289

b289
ロサーファーのマーティン・パセリ。

彼は過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手です。

2015年5月に行われた世界大会
「National Argentine Surf Championship」
で勝てば、その後のキャリアを大きく飛躍させることに
なるだろうと言われていました。

大会の会場には車椅子に座って波を眺める男性がいました。

ニコラス・ガレゴスさん。
18歳の時に、事故で下半身麻痺になった男性でした。

ニコラスさんの夢は、プロサーファーになることです。

それは18歳から20年経った今でも変わりませんでした。

マーティン・パセリ選手は、ニコラスさんの長らく持ち続けている夢に、
大きな共感を抱きました。

そして、自分自身のキャリアにとっても、
大きな影響を与えるであろう決断をしました。

大会では多くの人が彼のパフォーマンスを心待ちにしていました。

そして、観客の皆が彼の登場に
驚かされることになったのです>>>

b291

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

ーティン・パセリ選手は、一人の男性を背負いながら、
波の上に乗ったのです。

そう、その男性は車椅子に乗っていたニコラス・ガレスさん。

マーティン・パセリ選手は、世界大会において、
ニコラスさんの夢のお手伝いをしたのでした。

波に乗っていた時間は短くはありましたが、
ニコラスさんの夢は世界大会に出場するという、
最高の形で叶うことになりました。

しかし、当然ながらマーティン・パセリ選手は失格となりました。

大会でのインタビューで彼が語ったコメントです。

後日、インターネットで、そのコメントは大拡散されることになり、
彼の想いを多くの人が知るところとなりました。

「本当のところ、俺は負けてなんかいない。
 今までで最高の波だった。
 人生で一番大きな勝利だね」

スポンサーリンク