ガキ大将が世界チャンピオンのボクサーになれた動機とは

a390

a390
プロボクサー、ガッツ石松さんの話です。

子どもの頃は自分勝手なガキ大将だったそうです。

体の弱い父親は定職がなく、母親が力仕事で家計を支えていました。

兄弟は4人、家は貧しく、いつも腹をすかせていました。

転機となったのは、中学2年のときに問題を起こし、
家庭裁判所に父親と行ったときのことです。

近隣の中学を束ねる総番長だった彼は、
一種の濡れ衣を着せられて、納得がいかないまま連れてこられたのです。

ところが、父親は、自分よりうんと若い係官に何度も頭を下げて頼みました。

「この子は決して悪いことをする子じゃありません。
 どうか許してやってください。
 親思いのいい奴なんです。お願いします。お願いします。……」

ふてくされるわが子の前で、父親は深々と頭を下げ続けたのです。

その目には、うっすらと涙さえ光っていました。

父ちゃん、すまない。

彼も心の中で涙を流し、この日を境に悪ガキから足を洗うことを決意します。

その帰り道の出来事です>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

まれて初めて、ラーメン店に入りました。

父はラーメン一杯だけ注文しました。

生まれて初めて食べるラーメンに心躍った彼は、
二人で一杯だけ頼んだラーメンを、 自分一人で食べてしまいます。

すると、父は微笑しながら、残りのスープに水を足して飲み干したのです。

そうだった、父ちゃんも、ずっと腹を減らしていたんだ。

父親の空腹にさえ気づかない、自分の無神経さに腹が立ち、
泣きたくなりました。

このときに彼は自分の心に誓うのです。

俺は必ず立派な人間になってみせる。

そして、両親を貧困から救ってやる!

それがボクシングを志す動機となり、
苦しい練習や減量にも耐えていける力となりました。

ガッツ石松さんはすでに引退しましたが、
自分が世界チャンピオンになれたのは、
家族の支え、ジムの人たち、
みんなの支えがあったからだと心から感謝しています。

スポンサーリンク