ビートたけしの伝説からひとつ抜粋

a713

a713
プロボクサーの渡嘉敷勝男さんは、ビートたけしさんに心酔しています。

渡嘉敷さんは、子供みたいに純真な心の持ち主だし、
いったん、受けた恩に対して絶対に忘れないという律儀さがあります。

渡嘉敷さんがたけしさんに受けた恩とは、どんなものだったのか。

ドッキリでも何でもなく、渡嘉敷さんが何かの理由で、
ヤクザにイチャモンをつけられ、
さらに組事務所にまで連れて行かれました。

パニックになった渡嘉敷さん、当時、彼が出演していた番組のリーダー、
ビートたけしさんを思い出し、たけしさんに電話で助けを求めました。

たけしさん、「今から行くよ」と答えました。

そして、ほんとに組事務所まで駆けつけたのです。

たけしさんは、組事務所のあるビルの一室に入って行きました。

たけしさんの運転手は、10分、15分と待っても戻ってこないので、
いつでも警察に電話できる準備をしつつ、思い切って事務所に入りました。

そうすると、そこでは思わぬ光景が繰り広げられていたのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

んと、その事務所の一室で、たけしさんは漫談の真っ最中だったそうです。

怖い人たちを笑いの渦に巻き込んでいます。

ひとり渡嘉敷さんは、部屋の隅で泣き笑いの表情になっていました。

結果として、お金をとられることも、暴力を振るわれることもなく、
たけしさんは、渡嘉敷さんを救い出すことができたそうです。

怖い人たちも、さすがに天下のビートたけしが乗り込んできて、
まさか自分たちの目の前で漫談をやらかす度胸には、
度肝を抜かれたのかもしれません。

ビートたけし名言集の中にこんなひと言があります。

「変な言い方だけど、自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、
 そいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が、
 人間としては幸せだと思う

まさに、そんな言葉を体現するようなエピソードでした。

さらにこんな後日談があります。

某お笑い番組で、こちらはドッキリを仕掛けるという内容でした。

たけしさんが炎の中を脱出するイリュージョンに挑戦するが、
失敗するというドッキリの設定でした。

軍団のメンバーの多くは、ドッキリだと知っていたから、
仰天したふりだけしています。だから動きませんでした。

その時、誰よりも早く炎に向かって救出に走った男がいます。

その人こそ、渡嘉敷さんだったのです。

出典:北野武伝説

スポンサーリンク