1万人の友人を持つ男とは

c097
1920年代のニューヨークで、
電話会社の役員が不思議な光景を目にします。

それは、タキシードを着た男性が、
マンホールを降りていく様子でした。

しかし、もっと役員を驚かせたのは、
マンホールから出てきた男性が、
自分の勤めるニューヨーク電話会社の社長、
バーチ・フォラカーだったからです。

役員はフォラカーに尋ねます。

「何か大きな問題が起こったのでしょうか」

社長が、マンホールに入っていたのですから、
そう考えるのは当然です。

しかし、社長からの答えは意外なものでした>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

が社のスタッフが、そこでケーブルを接続しているんだ。
 だから、ちょっと話をしてきただけさ」

バーチ・フォラカーは、スタッフの行っている仕事が、
会社にとってどれだけ大切かを知らせるため、
仕事中のスタッフのもとを訪ねて話をすることを続けていました。

そして、いつしか彼は、
「1万人の友人を持つ男」と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク