角さんの妻・はなさんはひっそりと陰に控えて

b025

50427
存じ田中角栄氏の新婚当時、

奥さんからこんな約束をさせられました。

ほんとは心優しい角さんですが、
まだ当時は、角さんのことをよく知らない奥さん、
角さんの風貌から、乱暴な物言いと、
乱暴な行動をする人に見えたのでしょうね。

それにしても、私が二重橋を渡る日…とは、
どんな意味なのでしょうか?

こんな理由・背景があったのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookからの続きは、こちらからどうぞ↓

中角栄の妻・はな夫人は、角栄氏がお世話になった家主の娘さんでした。

戦前、角さんは飯田橋に「田中建築事務所」を構えました。

その家主が、早々に角さんというダイヤの原石を発見したのでしょうね。
b025
結婚は、1942(昭和17)年。はな夫人は、8歳年上女房、
それに9歳の連れ子のある再婚だったのです。

角さんもまた、控え目だけど内面に秘められた
はなさんの芯の強さを見抜き、結婚を決断したのでした。

表舞台に登場することを好まなかったはなさんは、
政治家・田中角栄を、陰ながら支え続けました。

「二重橋を渡る日・・・」とは、
波風の激しい世界に生きる以上、
たとえば息抜きや遊びが必要なこともあるだろう。
でも、どんなに浮気しても、
正妻として』遇することを約束して欲しいという意味だったのです。

スポンサーリンク