女性たちがなぜ田中角栄に忠誠を誓ったか

b161

50628
「男は飲ませて握らせればすぐ転ぶ。
 女は一度これと決めれば動かない。
 候補者の周りに女性が群がれば、
 間違いなく勝つ」

々の選挙を経験してきた秘書の早坂茂三氏に
田中角栄が語っていた言葉です。

「東大卒も田舎の婆さんも同じ1票だ」

角さんは、しばしば、そのようにも選挙の本質を語っていたそうです。

ところで、角さんの背景には、
わが身を犠牲にして角さんを支える数人の女性たちがいました。

奥さんのはな夫人、そして神楽坂の花柳界に生きた辻和子さん、
側近として生涯、角さんに仕えた佐藤昭子さん。

田中角栄ほど「女の忠誠心」に囲まれて生きた政治家はいません。

やはり女性の敏感な感性は、人間性を見極めるのにも鋭く働いたのでしょう。

女性層の強い支持、高い人気は、生涯衰えることのなかった角さんです。

ある時、角さんの秘書の一人が、自分のクビを賭けて諌言します。

「小佐野賢治と佐藤昭子を切ってください」

小佐野賢治とは、角さんとは刎頚之友(ふんけいのとも)とも呼ばれ、
ロッキード事件では何度も国会に召喚された実業家です。

佐藤昭子さんは、「越山会の女王」とか「越山会の金庫番」とも呼ばれ、
当時、多くの男性秘書たちとは対立関係にあったと思われます。

辞職覚悟の秘書の諌言に対して、
角さんはどう答えたのでしょうか?>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

b161
さん答えていわく。

「前者は了解したが後者は無理だ」

佐藤との別れは、彼女にとって「生死」ほどの重みがある、
小佐野との別れは「生死」とは関連しない。
そんな思いが角さんの中にありました。

半分の言い分を蹴られたその秘書は辞職しました。

後日談ですが・・・。

後に、その元秘書が心筋梗塞で倒れたとき、角さんは病院へ急行しました。

角さんは当時総理の職を辞していたものの、
当然のことながら病院は大騒ぎとなりました。

元秘書の担当医を見つけると、角さんは、いきなり土下座の格好をして、
「彼を助けてくれ」と懇願したそうです。

そして、手付けとして担当医に100万円渡し、
その元秘書を励ましました。

女性には常に温かい手を差し伸べ、
男の困窮の時には、何を捨てても駆けつける角さんの一つの顔でした。

スポンサーリンク