生き方も死に方もM君のお父さんは男でした

b299

b299
この記事は、実は2015年の9月に書いたものです。
ここに登場するM君とは、文中に出てくる電話会話の後、
数十年ぶりに長崎で再会しました。

この記事も、スマホで彼に見せました。
彼の目からはポロリと涙がひとつこぼれ落ちました。

病気がちだったのが心配でした。

少し予感めいたものがありました。

つづきは、この記事の最後に書きます。


を見れば親が分かる」と言いますが、
M君の場合、それがほんとにあてはまりました。

もう今からはるか昔、僕が高校生だった頃、
M君はひとつ年下の後輩でした。

行動が男らしくて、正義感の強いM君は、生徒会長に立候補。

僕は、応援演説をしました。

大学進学で上京するときは、M君と一緒だったし、
しばらくの間は、アパートに同居したような間柄でした。

M君のお父さんは、市役所に勤めていました。

時々、東京に出張してこられた時には、
僕も一緒に夕食をご馳走になったりしました。

M君は一つ年上の僕を、さん付けで呼びます。

お父さんまで、それにならって、
僕のことをさん付けで呼んでくれました。

いつもニコニコと穏やかな笑顔を絶やさず、
悪い盛りの大学生二人を前にして、
決して説教くさいことも、上からモノを言うこともない、
ジェントルマンのお父さんでした。

しかし、ただ穏やかなだけのお父さんではなく、
職場では一家言持ったお役人だったようです。

市民の利益に反することなどは、
遠慮会釈なく上司に噛みつき、よくケンカをしたそうです。

また、組合活動(職員団体の活動)を嫌っていました。

「税金で給金をいただいてる立場たい。おいは好かん」
と言って、同僚などからの勧誘にも頑として拒絶していました。

小柄で、やせた体格ながら、その後ろ姿には、
堂々たる男の矜持を感じさせるものがありました。

さすがにM君は、お父さんを前にしては言いませんが、
僕には、いつも「親父が好きです。最も尊敬している人間です」
と公言していました。

僕は、心の底から羨ましく思いました。

当時、僕は自分の父のことが嫌いで、尊敬も出来なかったからです。

親を好きという感覚がよくつかめない感じでした。

それでも、最も近いおとなで、血の繋がってる人を尊敬できる、
そのことが、僕には途方もない世界のことのように思えたものです。

そのM君と、先日、数十年ぶりに電話で話しました。

早速、お父さんの話になりました。

残念ながら、M君のお父さんは3年前にお亡くなりになったそうです。

しかし、人間として、父として、男として、
息子に「尊敬してる」と言わせる人の死に方は、
生き方と同じように、人の胸に迫るものがあります。

お父さんの死に方を聞いて、つい涙がこぼれ落ちました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

君のお母さんは、10年ほど寝たきりで伏せっていました。

ほとんど口もきけないほどの病状だったそうです。

胃ろうを施され、そのお世話はずっとお父さんが為さってたそうです。

M君は、お父さんの無理を考え、医療機関に預けるべく説得しました。

しかし、お父さんは、頑として譲らず、

「おいがする(俺がやる)とひとこと言って、
あとは黙々とお母さんの世話を続けたそうです。

とにかく仲の良いご夫婦でした。

愛する奥様を最後まで、自分が出来るから自分がやる、
それを貫かれたのでした。

奥様の寝床に直角の位置に座り、ピンと背筋を伸ばしながら、
一回の「食事」に2時間ほどもかけてお世話を為さったお父さん。

そんなお父さんの姿がありありと目に浮かびました。

しかし、お母さんより先に、
お父さんが病でお亡くなりになったのです。

そして驚くべきことに、
10年間伏せっていたお母さんも、
後を追うように、その翌日旅立たれたのです。

M君は言ってました。
親父が連れて行ったんだと思います

僕もそう思いました。

あのお父さんのことだ、残った者の負担を軽くしてあげたい、
そう思われたに違いない。

それに仲の良かった奥さんを独りで寂しくさせたくない、
そんな心残りもあったのでしょう。

ちなみに、お寺の世話や葬式なども、ひとつにまとめることができ、
金銭面ばかりでなく、来訪客の方々にも面倒を少なくすることができた、
最期まで子供孝行の親父でしたよ、とM君は述べてました。

生きてる時ばかりでなく、死んだあとも、
自分を後回しにして、人のことを考えたお父さん。

受話器の向こう側とこちら側で、
いいおっさん二人が涙声になってお父さんを偲びました。

僕はあらためて思いました。

男、男と言うヤツに本当の男はいない。
本当の男とは、いつも静かで優しく、
M君のお父さんのように、背中で生き方を見せてくれる人なんだと。


あれは虫の知らせだったのでしょうか。

ふとどこからか降りてくるように9月6日、その日が彼の誕生日だったことを思い出し、
唐突なサプライズ電話をしたのでした。

その電話の後、数十年ぶりに再会したM君、2015年9月末のことでした。

そのM君は、再会の半年後、2016年4月に、
心臓の病で亡くなったのです。

お通夜と告別式ともに参席させていただき、
僕は、これまで経験しなかったほどに大泣きしました。

棺桶の中にちんまり納まるM君の頬を撫で、そうするうちに、
腹の底から絞るような声が堪らず出てしまったのです。

「M、M、M!!」
と、彼の名を呼びました。

じっと気丈に涙をこらえる奥様の前で、大変な醜態を見せたものです。

それに恥じ入った僕は、式の1週間後、もうお花も枯れるころだろうと、
奥様へお花をお贈りして詫びました。

「困ったことがあれば、何でも言ってください」

M君の代わりにはなれないけれど、
せめて、相談の相手にはいつでもなって差し上げたいのが、
友人としての僕の本心です。

スポンサーリンク