あきらめない気持が人の善意と奇跡を呼び込んだ

a826

a826
い頃から、パイロットになる夢を持ち続けた
ある少女がいました。

その少女は幼い頃から
パイロットになるのが夢だったのです。

そんな少女が高校受験を迎える年齢になりました。

少女は夢を実現させるため、
石川県輪島市にある航空高校を受験することにしました。

入試前日、航空高校を目指し、
母親と一緒に電車に乗りました。

ところが、この日は大雪による積雪のため、
電車は途中でストップ。

航空高校までの道のりは、まだ300kmもあります。

あせる親子。

しかし、娘の夢のために、
母親は決してあきらめませんでした。

子を思う母の気持ち、
母親は、とんでもない行動を起こすことになります>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

んと母親は、ヒッチハイクを始めたのです。

大雪の中、通る車に、一時間ほど手を振り続けました。

しかし、乗せてもらえても20km程度。

航空高校がある石川県輪島市までの道のりは、ほど遠いのです。

親子は、航空高校のある方向に歩き出します。

大雪が降りしきる真夜中、
1時間ほど歩いたところに、灯りが見えました。

24時間営業のガソリンスタンドでした。

1台のトラックが停車しており、
金沢市内までなら、乗せてもらえることになりました。

しかし、金沢市と輪島市は、まだまだ遠い。

道中で、母がトラックの運転手さんに、
事の成り行きを話し始めました。

降りしきる雪は、一向に止む気配を見せません。

国道の分かれ道で、トラックの運転手さんが言いました。

「分かった。輪島まで行っちゃる」

運転手さんにも、同じ年の、
受験を控えた娘さんがいたのです。

運転手さんは一睡もせず、
ひたすらアクセルを踏みました。

そして、目的地である航空高校へ。

試験開始10分前の到着でした。

親子は、改めてお礼をさせてもらうため、
運転手さんに名前と連絡先を聞きましたが、
運転手さんは教えてくれず、去っていきました。

少女は無事、入試試験に挑むことができたのです。

そして作文試験。

少女は出題されたテーマを見て、

目を丸くしました。

「私が感動したこと」

少女は迷うことなく、
さっきまで起きていた「感動」を、
ありのまま書きました。

大雪の深夜に、見ず知らずの親子を乗せて、
ここまで連れてきてくれた運転手さんの温かさ。

「絶対にあきらめない」と懸命にヒッチハイクまでして、
車を探してくれた母。

人の優しさに感動した」と書き綴りました。

少女の作文に目を通した副校長の浅川正人さんは、
「運転手さんの善意に感謝でいっぱい。
 簡単にあきらめない生徒も立派だった」
と目を細めました。

後日、少女のもとに、みごと合格通知が届けられました。

その後、某テレビ番組が取材のため、
そのトラックの運転手さんを捜しました。

ほどなくして、その方を探し当てることが出来ました。

しかし、その運転手さんは、取材に応じることはしなかったそうです。

たいそうな事をしたわけじゃないから」と……。

スポンサーリンク