ファミレスは、マニュアルに沿って接客するのが常ですが…

b305

b305
る四人家族がいました。

30代の夫婦と2人の兄弟。

1人は10歳、もう1人は8歳でした。

ごく平凡な家庭なのですが、
10歳のお兄ちゃんは、重度の食物アレルギーを持っていて、
食べ物も好きに食べられないという状態でした。

そんなある日、弟が学校でいじめられて帰って来ました。

母親は驚いて理由を聞くと、
「僕だけファミレスに行ったことがないからって、
 仲間はずれにされたんだ」
と弟は言いました。

お兄ちゃんの食物アレルギーのため、
弟はファミレスどころか、
外食もしたことがありませんでした。

弟の話を聞いてショックを受けた母親は、
父親と相談して、弟を一度ファミレスに
連れて行くことに決めました。

そして家族4人でファミレスに行き、
席に着きました。

すぐに店員が注文を取りにきました。

母親は店員に、
「日替わりランチ2つと、お子様ランチを1つ下さい」
と頼みました。

すると店員は、
「お子様ランチはおひとつですか?」
と確認しました。

母親は、
「はい、1つでお願いします」
と答え、続けて理由を説明しました。

「実は下の子が、ファミレスに行ったことがないと
 クラスでからかわれてしまって…。
 一度くらい連れてきてあげてもいいんじゃないか、
 と思って連れてきたんです。
 上の子が食物アレルギーで、食べるものも
 制限されているんです。

 さらに失礼なお願いなのですが、
 上の子には、家から持ってきた”これ ”をここで
 食べさせてもかまわないでしょうか?」

母親はカバンの中から
食材の入ったタッパーを取り出しました。

当然、ファミレスに食べ物を持ち込むというのは、
食中毒など、店側の衛生管理上の問題により、
よくないことだと母親は分かっていました。

ここで断られたらどうしようかと、
母親はひそかに思っていたのです。

店員は、
「そうですか……」
と言うと、
「私にそのタッパーを渡してください」
と母親に言いました。

母親は、
「えっ」
と思い、やっぱりダメかと落胆しながら、
店員にタッパーを渡しました。

しかし、しばらく後に、
この家族はこの上なく温かい
食事の時間を持つことになります>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

ばらくして、両親が頼んだ日替わりランチと、
国旗が付いてる弟のお子様ランチが出てきました。

弟は喜んでいますが、両親は素直に喜べませんでした。

ですが、次の瞬間、もうひとつの料理が出てきたのです。

それは、まぎれもなく、あのタッパーの中の料理でした。

きれいに盛り付けされ、真ん中には国旗が付いています。

「はい、これがお兄ちゃんのお子様ランチだよ」

その店員の思いがけない言葉と、
嬉しそうに喜んでいる兄弟の姿を見て、
両親は涙をこらえることができませんでした。

スポンサーリンク