ビートたけしの贈り物、作法は無視だけど・・・

907

907
ートたけしさん。

たけし軍団の面倒見がいいことで有名です。

このエピソードはご存じかもしれませんが・・・。

軍団にラッシャー板前という人がいます。

まだこの人がテレビに出る機会の少なかったときのことです。

彼が引越しするときのことでした。

たけしさんが、言いました。

「おい、ラッシャー、引越しするのか?
 だったらいろいろ大変だろう。何か欲しいものがあるか?」

ラッシャーさんは、素直に答えました。

「はい殿、洗濯機が欲しいです」

引越し先のラッシャーさんのアパートに大きい荷物が届きました。

その荷物を開けたラッシャー板前さん、喜びもつかの間、口あんぐり。

その後にハッと驚き、さらにそのあとには、涙がポロポロこぼれたそうです。

いったいビートたけしさんの送った大きな荷物とは何だったのでしょうか?>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

ッシャー板前さん、大喜びで大きな荷物を開封しました。

開けてみたら、そこに洗濯機はありませんでした。
909
その代りに入っていたのは、金ダライと洗濯板だったのです。

これには、ラッシャー苦笑、口あんぐりでした。

ところが、たらいを箱から出すと、その中に茶封筒があります。

中を開けると、そこには100万円が入っていました。

後日談ですが、ラッシャーさん、その当時はお金に不自由しっぱなし。

引越しで借金をしたのか、借金が増えて引越ししなければいけなかったのか。

借金を持つ身に現金ほどありがたいものはありません。

いずれにせよ、思いがけない100万円にポロポロ涙がこぼれたそうです。

ところで、通常、人へのお祝いとか贈り物とかには、作法が伴います。

この話とは別の機会に、たけしさんが「作法」について語った語録があります。

『作法というのは
 突き詰めて考えれば、他人への気遣いだ。

 具体的な細かい作法をいくら知っていても
 本当の意味で他人を気遣う気持ちがなければ
 何の意味もない。

 その反対に、作法なんかよく知らなくても
 ちゃんと人を気遣うことができれば
 大きく作法を外すことはない』

スポンサーリンク